Overblog Suivre ce blog
Editer l'article Administration Créer mon blog
22 février 2011 2 22 /02 /février /2011 16:53

 IKEDA Toshihiro 池田敏博 逝く!NAC会員」

 

 

 2月19日土曜日、午前5時 東京で永眠。享年61歳だった。

 昨年6月始め、食事が咽を通らなくなり、自ら救急車を呼び、病院へ行く。

検査の結果、かなり進行した食道癌と診断される。そのまま化学療法で入院、

闘病生活が始まった。

 10月末、日本で活躍する30年来のパートナーとその家族のたっての願いで、帰国を決心。以後、日本で治療を受ける。

 快癒の希望を捨てず、パリのアトリエは そのままにしていた。

アトリエには、30年の画業人生で生まれた作品達が、帰らぬ主を今も待っている。

池田さん 池田さんの覚え書き

昭和24年(1949年)5月19日、東京生まれ。4人兄姉の末っ子。

体に恵まれ、スポーツ万能(特にサッカー)。絵心も持った少年であった。

東京学芸大学卒業。高校の体育教師を勤め結婚。その後、絵を忘れられず、

1976年冷やかし半分で東京芸術大学、絵画科を受験する。合格!

妻の承諾を得て入学。1981年同大学院を修了(野見山暁治と師弟関係)。

同年、フランス政府給費生合格。単身渡仏。

1983年まで三年間パリ国立美術学校へ編入学(オリビエ・ドブレに師事)。

以後、生涯 菅井汲さんのアシスタント及び将棋相手をつとめながら パリを拠点に制作発表を続ける。 オプティカルで洗練された都会的な大作群は気が遠くなるような集中力を必要とした(後年コンピューターグラフィックに没頭する)。

 NACには80年代半ばに参加し1988年第4回NACビエンナーレで大賞受賞。日本とヨーロッパでの個展、サロン、国際展など多く受賞歴も多々ある。

 日本人会主催のソフトボール大会ではチーム・フェスティバルの主将として何度も優勝に導いている。水泳、ランニング、サッカー、スキー、柔道など愛し ゴルフもセミプロの腕前であった。将棋と囲碁もかなりの腕前で勝負に強かった。

また顔に似合わず、ロマンチックなギターの弾き語りと愛の歌のうまさは抜群で、アトリエではよく聞かされたものだ。女性にはモテたに違いない。

 自分のことを棚に上げて言えば、彼の欠点は飲んだときの酔っぱらい具合だ。

大虎になり手が付けられない。やがて、先に酔っぱらった方が 勝ちだと気づき、こっちは飲むペースを早めた。日本人BARに入り浸り、逆に出来上がった私を介抱してくれる優しさもあった。

 車の運転も巧かったが 酔っぱらい運転のペナルテイーが嵩み最後は 免許取り消しになってしまった。結局、免許の再取得はやめて自転車にした。

 10年位前、新装の寿司店へ作品を運び込んでいるとき、たまたま通りかかったフランス人女性デイーラーの目にとまり、彼女がマネージャーになった。絵に専念できた時代だったに違いない。作品量、発表は確かに増えていった。しかし、次第に生活にまで色々と口を出し管理しようとするマネージャーとは折り合いが合わなくなり決裂。

また、誰にも邪魔されることのない自由で気ままな生活に戻った。

 30年来のパートナーとはヨーロッパはもちろんアメリカ、北アフリカ、など沢山の旅をしたようだ。グラスを片手に、旅の話をする彼は楽しそうだった。

 冥福を祈ります。

                         甲斐雅之 拝

 

 

 

 


Partager cet article

Repost 0
Published by rdv-nac.over-blog.com - dans Hommages....