Overblog Suivre ce blog
Editer l'article Administration Créer mon blog
13 février 2011 7 13 /02 /février /2011 18:31

                     Takuji Shinmura     新村 卓之  (しんむら・たくじ)

 

新村作品1

 

 

自分の痕跡を残せるもの

 

  在仏日本人会会員 の皆様、はじめまして。写真家の新村卓之です。2001年の春よりパリに在住いたしております。この紙面をお借りして、皆様に私の活動 の一端を紹介させて頂きますことを大変嬉しく思っております。
 
 私は日本では美容師をしておりました。趣味でさえなかった写真に転向し たのは、やはり、13年前に妻を亡くしたことが最大の転機でした。順風満帆の人生も、最も大切なものを失った瞬間に色を失い、現実の世界は影絵 でしかないように思われました。3年ほど熟考の後、写真が無意識に持つ証言性(現実のオブジェを必要とする)と現在性(撮影時点と、その画像を 見る度に)によって、より具体的な「自分の痕跡を残せるもの」のではないかと考えました。その半年後には日本での全てを引き払い、パリにやって 来ました。
 
 パリの私立写真学校に在籍中から、課題はそっちのけで、自分でテーマを決めたルポルタージュ連作を製作していました。しか し、次第に、ドキュメンタリー写真から気持ちが遠ざかり、私にとってはより写真家個人の思考、創造性を表現できる、アート写真に惹かれるように なりました。そこで、2007年にはENSAD(国立高等装飾芸術学院)に一年間在籍し、アカデミックな写真へのアプローチを学びました。
 
  では、アート写真とその他の写真との境はどこにあるのでしょう?この問いかけは、写真作家自身が常に持ち続けているのかもしれません。 
しか し、力強い作家の作品を目の前にしたなら、写真のジャンルが何であれ、誰もが、その作品が叫ぶ問いかけに「はっ」とさせられ、または、その沈黙の深遠 さを覗き込みたくなるのではないでしょうか。その可能性に芸術が気づいたときから、現代アートが写真を飲み込んだのではないでしょうか。私も、作品を通 した、自分なりの問いかけに鑑賞者が何かを叫び返したくなる衝動を惹き起こせるような制作を目指しています。
 
 私は製作を大きく、2本 の軸に分けて行っています。1つはこの紙面にある「CIRCUIT」シリーズのような、視覚と知覚の関係から写真表現自体を問うもので、抽象的 な画像です。森空間や、水面、車のフォルムなど、対象物は様々です。もう1つは、大都市の周辺部を撮影するリアリティーな空間の表現です。 2005年から撮影している旧東ベルリン。パリ郊外は2002年から毎冬撮影しています。アルメニア共和国の首都、エレヴァン周縁部のトポグラフィー の変化を撮影した作品は2008年にフランスの「Lucien Hervé et Rodolf  Hervé」賞をいただき、それらはエレヴァ ン市歴史ミュージアムに所蔵されています。
 
 「CIRCUIT」シリーズに話を戻しますと、このプロジェクトは2006年春から、 2009年秋にかけて制作しました。撮影された実際のオブジェ は、パソコンなどに使われている回路基盤(Circuit  imprimé) です。制作当初は道端に棄てられているパソコンを拾ってきて、分解、回路基盤を手に入れるところから始めました。シャッターを押す瞬間 はまさに 一瞬ですが、その前のプランニングとモノの準備。アイデアからコンセプトへの変換。撮影後、納得のいくプリント仕上げの為終わりない試行錯 誤。 私の場合、平均すると一つのプロジェクトが発表可能になる第一版を仕上げるのに、最低3年ほどかかっています。
 
 この作品のオリジナル プリントのサイズは110cmX160cmです。2008年2月にパリ日本文化会館で開催された、NAC25周年記念共同展で初 めて展示をしま した。嬉しいことに、同作品は、在仏日本国大使館が同年の「ドーヴィル・アジア映画祭」で開催した「在仏日本現代アーチスト展」出展の8 作品の 中に選んでくださいました。現在、滋賀県近江八幡市で開催されてる「琵琶湖ビエンナーレ2010」にも5枚のプリントが展示されています。
 
  今後、NACの活動を通じて、在仏日本人の皆様方に作品を見て頂ける機会を増やしてゆきたいと願っております。長いヨーロッパの冬が始まりました。ど う ぞ健やかにお過ごしください。

----2-copie-1.jpg

 

 

 

Kakuji Shinmura

新村 卓之

 

写真家、大阪生まれ パリ在住。
2001〜04「EFFET」写真学校(パリ)。 2007ENSAD(フランス国立高等装飾学院)写真科。

「Lucien Hervé &  Rodolf Hervé2008賞」他受賞。フランス、日本、アルメニア、ロシア等のギャラリー、美術館等で個展を開催。NAC会員。
www.takuji-shimmura.com

Partager cet article

Repost 0
Published by rdv-nac.over-blog.com - dans Artistes de NAC